Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター X 付与 Microtubes 国内外の人気! ベース用ディストーション

Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター ベース用ディストーション Microtubes X

エフェクター,18783円,ベース用ディストーション,gs-iwashita.com,楽器・音響機器 , その他,Microtubes,Darkglass,Electronics,X,ダークグラスエレクトロニクス,/endowment78930.html 18783円 Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター ベース用ディストーション Microtubes X 楽器・音響機器 その他 Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター X 付与 Microtubes ベース用ディストーション 18783円 Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター ベース用ディストーション Microtubes X 楽器・音響機器 その他 エフェクター,18783円,ベース用ディストーション,gs-iwashita.com,楽器・音響機器 , その他,Microtubes,Darkglass,Electronics,X,ダークグラスエレクトロニクス,/endowment78930.html Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター X 付与 Microtubes ベース用ディストーション

18783円

Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター ベース用ディストーション Microtubes X



【商品名】
Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター ベース用ディストーション Microtubes X 【国内正規品】

商品紹介 ■Microtubes Xベースディストーションを開発する上で、音圧を維持しつつパンチのあるアグレッシブなサウンドを得ることは矛盾と戦うようなものです。
タイトさを求めるのであれば低域がサチュレーションしないように低音を抑える必要が有り、多くの場合軽い音色になりがちです。
しかし低域を下手にブーストしてしまえば音の飽和を招いてしまいます。
Microtubes X はこういった問題に対するソリューションです。
まず入力された信号は、任意で設定が可能なローパスフィルターとハイパスフィルターで2つのシグナルに分岐されます。
ハイパスフィルターを通ったシグナル(中域から高域のみの音)は、その他のMicrotubesペダル達と同じように CMOS 回路によって歪みが加えられます。
ローパスフィルターを通ったシグナル(低域のみの音)は、クリーンのまま手を加えられることはありません。
リッチな倍音を持つ歪んだ高域側の音とクリーンな低域をミックスすることで、太い低域を維持しつつアグレッシブなディストーションサウンドを生み出すことが出来ます。
例え弦のコンディションが悪い時や、楽器自体の音色が軽い時、またブーミーだったとしても Microtubes X によって強力な音色のコントロールが可能となります。
こちらの商品は日本国内代理店商品となります。
並行輸入品に関しては、代理店保証を受けることが出来ませんのでお気を付け下さい。
ご注意(免責)>必ずお読みください 参考価格として表示しているのは商品発売時点でのメーカーの想定した価格です。
モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ハイパスフィルターを通ったシグナル(中域から高域のみの音)は、その他のMicrotubesペダル達と同じように CMOS 回路によって歪みが加えられます ローパスフィルターを通ったシグナル(低域のみの音)は、クリーンのまま手を加えられることはありません リッチな倍音を持つ歪んだ高域側の音とクリーンな低域をミックスすることで、太い低域を維持しつつアグレッシブなディストーションサウンドを生み出すことが出来ます メーカー側の意匠変更により、予告なく外観上のデザイン・カラー等が変わる場合がございます こちらの商品は日本国内代理店商品となります(並行輸入品は代理店保証を受けることが出来ません)

Darkglass Electronics ダークグラスエレクトロニクス エフェクター ベース用ディストーション Microtubes X

アサクラサイトにようこそ!

この度は弊社サイトにご訪問いただき誠にありがとうございます。
ほんもののオリーブオイルの魅力をたくさんの方に知っていただきたい!と、2000年から私の目で見て、足で探したオリーブオイルの輸入販売を始めました。

イタリアの人々が食べる日々の料理は、シンプルなのに信じがたいおいしさです。
そのおいしさはもちろん、オリーブが数千年間にわたり人とともにある歴史に
私は非常に惹かれます。

植物としての魅力やそれをつくる人、オリーブと料理について、
このサイトで少しでもわかりやすく、みなさまにお届けしたいと思います。
ご訪問してくださった方の食卓がさらに楽しく、笑顔でいっぱいになる
お手伝いができれば幸せです。

朝倉玲子

Page Top